So-net無料ブログ作成
検索選択

群馬・嬬恋「ハグ」イベント 参加申し込みゼロで中止(産経新聞)

 ■妻を愛していますが、寒いので…

 「つまごい」と読む村名にちなみ「愛妻」をテーマに地域おこしに取り組んでいる群馬県嬬恋村の冬の新イベント「愛妻の丘でハグしよう−極寒星空ハグ−」が中止に追い込まれた。

 理由は、参加カップルの申し込みがゼロだったため。20日の締め切りを22日まで延ばしたが、効果なし。村は高原地帯で冬は気温が氷点下に下がるため、村観光商工課は「ハグするためだけに寒い所には来ないのかも」としょげている。

 「愛妻の日」の31日にハグにちなんで午後8時9分に抱擁する趣向で、村は「普段見られない景色や星空に囲まれてハグできる」とアピールしたが、問い合わせが10件程度あっただけだった。

 村は平成18年から毎年9月、普段言いにくい妻への気持ちを思い切り叫ぶ「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」(通称・キャベチュー)を開催し、恒例行事として人気を集めている。村は「ハグが恥ずかしかったわけではないはず。これからも“愛妻の聖地”としてPRしていきたい」と意欲を示している。

【関連記事】
ビジネスマンのストレス解放 群馬・嬬恋村の魅力を追う
年末年始の観光客、温泉地20万人割れ 群馬県
嬬恋村が財政健全化団体に
嬬恋高原キャベツ・マラソン
特別天然記念物ニホンカモシカによるキャベツ被害2億円

全焼の車そばに1遺体(産経新聞)
国家再生砕いたハイチ大地震 育成の警察部隊が雲散霧消(産経新聞)
小沢氏会見「家族名義」「現金保管」詳細語らず(読売新聞)
菅家さん、謝罪求める=元検事「厳粛に受け止める」−足利再審公判(時事通信)
小沢氏、説明責任果たす=聴取後会見を評価−平野官房長官(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。